鶴橋上本町⻭科クリニック

虫歯治療Decay

メインビジュアル

当院の虫歯治療について

当院の虫歯治療

歯が痛い、しみると感じたら

冷たいものがしみる」「食事のときに歯が痛む」などの症状はありませんか?そうした歯の痛み・しみるといった症状は、虫歯にかかったサインかもしれません。
知覚過敏症の可能性もありますが、いずれにしてもなるべく早い段階で適切な治療を行うことが重要です。

当院では、「痛みに配慮したやさしい虫歯治療」を行うとともに、可能なかぎり「歯を長持ちさせる治療」に努めています。お口まわりの違和感にお気づきの際には、いつでもご相談ください。

痛みに配慮した優しい治療

痛みに配慮したやさしい虫歯治療

患者さんの不安な気持ちと常に向き合い続けている当院では、痛みの少ない治療を提供するために、様々な取り組みを行なっています。

痛みを最小限にする医療設備を整え、優しくお声かけをして不安や緊張を和らげるなど、スタッフと連携して細かな配慮に努めております。「治療の痛みが怖い」「麻酔の注射が苦手」という方も、どうぞご安心ください。

痛みに少ない
治療への取り組み

虫歯の原因を
ご存知でしょうか?

虫歯の主な原因は、プラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の集合体により生じるものです。この細菌は糖をエサとして「酸」を生み出し、それにより歯が溶かされ、穴があいてしまうのが虫歯(う蝕)なのです。

細菌のエサとなる糖は、ご飯やパン、ジュースやお菓子など、現代の食生活において身近な食品に含まれているため、私たちは常に虫歯の原因とも隣り合わせの生活であるといえるでしょう。現在の日本人の90%以上の人が虫歯にかかったことがあるともいわれています。

お気軽にご相談下さい

ご相談を

ご相談を

どうか痛みを我慢せず、私たちにご相談ください

虫歯になった人の中には、痛みを我慢してそのままにしてしまったり、鎮痛剤で誤魔化してしまう方も少なからずいらっしゃいます。
しかし、放置していても虫歯が自然と良くなることは決してありません。我慢した分だけ痛みによるストレスを抱えてしまい、結果として症状が重くなり、治療にかかる時間と費用も増えてしまいます。

虫歯はごく初期のうちに発見し、適切な予防を行えば治療をする必要もなく済む場合もあります。また、削って治療する必要がある場合でも、早い段階であるほど削る量を抑えることができ、抜歯のリスクも低くすることができます。
大切な歯を守るために、どうぞ我慢せずに私たち歯医者にご相談ください。

WEB予約はこちら

虫歯の進行と治療方法

初期の虫歯

ごく初期の虫歯

虫歯菌により歯の表面のエナメル質が溶けはじめた状態です。白く濁って見えますが、まだ痛みなどの自覚症状はほとんどありません。
歯面の汚れをキレイに落とし、正しいセルフケアの指導などを行います。また、フッ素塗布で再石灰化を促すことで進行抑制が期待できます。

エナメル質の虫歯

エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質がさらに溶かされた状態です。やや黒ずんで見えますが、まだ痛みがないことから、つい放っておきがちです。
虫歯の部分だけを除去し、合成樹脂(レジン)を充填します。

象牙質に達した虫歯

象牙質に達した虫歯

虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達した状態です。象牙質はエナメル質より軟らかい組織であるため、虫歯の進行はより早くなります。
C1と同様に虫歯の部分のみを削り、合成樹脂(レジン)を充填します。
虫歯の範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作製して欠損部の修復を行います。

歯髄に達した虫歯

歯髄(神経)に達した虫歯

虫歯が象牙質の内側の歯髄にまで達した状態です。
この段階では歯髄に細菌が進入することでズキズキと激痛を伴う場合があります。歯髄の炎症が重度な場合には、歯髄組織を除去してから根管内を消毒し、シーリング材を充填します(根管治療)。
クラウンなど被せ物を施して機能の修復を図ります。

歯質が失われた虫歯

歯質が失われた虫歯

歯冠が溶けて根の部分のみが残っている状態です。症状に応じて、C3と同様の治療を行って被せ物を施すか、またやむを得ない場合は歯根部を抜歯し、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどのいずれかの方法で補うこととなります。

ページの上部へ戻る