鶴橋上本町⻭科クリニック

根管治療Root Canal

メインビジュアル

根管治療について

根管治療(歯内療法)とは

根管治療とは

根管治療とは、歯の神経(歯髄)にまで達した虫歯の治療のことを指します。歯の根(根管)の中にある虫歯に感染した神経や細菌、または過去に詰めた古い充填材などを取り除き、修復を図る治療方法です。

細かな歯の中の治療なため、非常に高度な技術が必要となりますが、適切に根管治療を行うことで、歯を残したまま歯の機能を取り戻すことができる可能性があります。

根管治療が必要なケース

虫歯を放置して症状が進行してしまうと、細菌や細菌が出す毒素が、歯の内部の神経(歯髄)まで到達することで、やがて激痛を伴うようになります。

虫歯は放置していても悪くなることはあっても、自然に治ることはありません。感染が神経にまで達している重症化した状態の場合には、感染源を除去し、新たに細菌が入らないように薬を緊密に詰める根管治療を施す必要があります。
神経が死んでしまった歯であっても、根管治療により長く使えるようになる場合があります。

 

当院では高度な根管治療を
提供しています

歯の根っこ(根管)は非常に複雑な形をしており、本数や形も人によって異なります。そのため、根管治療は非常に高い精度が求められる治療と言えます。

当院では、数々の症例を重ねたドクターの技術と先進の医療機器を駆使することで、可能なかぎり「歯を残す」ための、高度な根管治療をご提供しています。

歯科用CTを駆使した診査・診断

歯科用CT

根管治療は非常に緻密な治療が必要となることから、根管内や顎の骨の状況を詳しく分析するための事前の検査が重要となります。
そこで当院では、歯根や歯槽骨の状態を正確に把握するために、症状に応じて先進の歯科用CTを導入し、的確な診査と診断につなげています。

従来のレントゲン写真では平面的な情報しか得ることができませんでしたが、CTを用いることで立体的な情報を得ることが可能となり、多面的にお口の状況を把握することができます。
特に難しい症例においては、治療の成功率の向上に大きく貢献します。

ニッケルチタンファイルによる
緻密な治療

「ファイル」とは、根管内の感染源を除去する際に用いる治療器具です。ニッケルチタンファイルは、従来のステンレス製のものと比べて非常にしなやかな特性を持ちます。
その特性を活かすことで、根管内の組織を傷つけるリスクを最小限に抑えつつ、緻密に組織除去を行うことが可能となりました。

根管治療の治療成績を飛躍的に上げる要素の一つですが、比較的新たに開発された器具であり、使いこなすには相応の技術が必要な器具でもあります。
そのため、ニッケルチタンファイルの普及率は、アメリカの専門医ではほぼ100%の普及率となっていますが、現在の一般的な日本の根管治療においては20%程度にとどまっています。

患者さんへより精度の高い根管治療をご提供するために、当院のドクターはニッケルチタンファイルにおいても、確かな知識と技術を習得しておりますので、ご安心ください。

感染源の除去

根管内の感染した部位を、ファイル(リーマー)という専用の特殊な器具を用いて細心の注意を払いながら取り除いていきます。
事前に麻酔をしているため、ここまでの治療で痛みを感じることはほぼありません。

根管内の洗浄

根管内の洗浄・消毒

シリンジで根管の洗浄を行い、感染部位が大きい場合は超音波洗浄器を併用しながら徹底して洗浄していきます。
この工程を数回繰り返すことで、細菌のいない状態にしていきます。

充填

根管の充填

根管内に薬剤の充填を施します。細菌が薬剤の隙間から根管内に侵入しないよう、ぴったりと緊密に詰め物をします。

土台と被せ物

土台と被せ物

被せ物の土台となるコア(支台)をたて、被せ物を取りつけて歯の形と機能を補います。

根管治療後の痛みについて

痛みについて

治療後は違和感を感じることが
ほとんどです

根管治療後に、治療した歯に痛みや違和感を覚えたりすることがありますが、ほとんどの場合において、通常1週間程度で自然に治まります。激痛を感じるようであれば、一度担当医に相談ください。

また、歯の根の周囲には、噛んだ時に硬い物や軟らかいものを判断する「歯根膜」という薄いクッションのようなものがあり、根の先からこの歯根膜に炎症が伝わると噛む時に痛みを生じることがあります。

こうした場合には、噛み合わせを調整することで、噛む時の刺激を抑えて痛みを緩和できる場合があります。治療中の歯は噛まないよう注意し、安静にするようにしましょう。
お口のトラブルに関してはなんでも対応可能ですので、まずは当院へご相談ください。

WEB予約はこちら

ページの上部へ戻る