鶴橋上本町⻭科クリニック

歯周病Perio

メインビジュアル

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)チェック
リスト

歯周病について

歯周病について

骨が溶ける病気

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯を支える歯茎や骨(歯槽骨)が炎症を起こし、症状が進行すると顎の骨が溶かされてしまう病気です。
歯周病菌という細菌による感染症であり、症状の段階によって「歯肉炎」や「歯周炎」と呼ばれます。

歯周病が怖いと言われるのは
なぜ?

歯周病が怖いと言われる大きな理由は、歯自体には何ら問題がなくとも、歯周病の症状が進んでしまうと歯が自然に脱落してしまうことです。
さらに、痛みや腫れなどの自覚症状が出にくいことから、サイレントディジーズ(Silent Disease=静かなる病気)とも呼ばれており、気づかないうちに症状が進んでしまっているケースも少なくありません。

 

日本人の80%が歯肉に問題があるというデータも

近年の厚生労働省の「歯科疾患実態調査」によると、日本の成人の約80%が歯周病の疑いがあるという報告があります。歯周病は国民病とも言われる、とても身近な病気となっているのです。しかし、歯周病の危険性の認知と予防の意識がまだそれほど高まっていないのが現状です。

歯周病の原因となる菌は、お口の中のプラーク(歯垢)に含まれています。この細菌が歯と歯茎の溝に付着することで歯茎が炎症を起こし、放置すると歯茎の腫れはどんどん進行してしまいます。
なるべく早い段階で原因となる細菌を徹底的に除去して症状の改善を図り、同時に、汚れや細菌がたまりにくいお口の環境をつくっていくことが重要です。

歯磨きをすると血がでる」「口臭がきつくなった気がする」など、少しでも気になる症状がありましたら、なるべくお早めに当院へご相談ください。

全身の健康にも影響

全身にも影響

歯周病は全身の健康にも
関わりがあります

歯周病菌はお口の中の健康だけでなく、様々な全身の疾患にも影響を及ぼすことが分かってきています。全身の健康を守っていくためにも、歯周病の早期治療と適切な予防ケアが重要です。

早産や低体重児出産との関連性

歯周病菌が子宮の筋肉に影響を与え、早産や低体重児出産を引き起こす可能性があるとされています。
また、妊娠期は身体の変化やホルモンバランスの変化により、お口の中の環境が悪化しやすく歯周病にもなりやすいとも言われています。なるべく早めの検診をお勧めしています。

肺炎との関連性

歯周病菌が肺に入ることで、肺炎を引き起こす場合があることが指摘されています。

糖尿病との関連性

歯周病が糖尿病の原因となるという研究報告もあり、また歯周病を治療することで糖尿病の改善につながったというケースもあります。
歯周病と糖尿病は特に密接な関連性があるとされています。

心臓疾患・動脈硬化との関連性

歯周病菌が口から体内に侵入することで血管に作用し、動脈硬化を引き起こす場合があるとされています。
さらに、心臓疾患を引き起こすケースもあると言われています。

 

口臭の原因にも

口臭の原因とされるものには、タバコや食べ物など様々ありますが、歯周病の原因であるプラークや歯石により、口臭が強くなるケースがあります。
定期的に歯科医院で検診やメンテナンスを受け、ホームケアのみでは取り切れない汚れを除去してもらうことで、口臭の予防にもつながるでしょう。

歯周病の進行段階

歯肉炎(2~3mm)

歯周ポケットの深さ(歯と歯茎の溝)は2~3mm程度ですが、プラークや歯石が付着した状態が続けば歯肉が炎症を起こし、歯磨きなどの際に血が出る場合があります。
歯医者のクリーニングで汚れを落とすことで、健康な歯肉を取り戻していきます。

歯周病の初期(3~4mm)

歯肉の炎症だけでなく、歯に付着する結合組織の破壊が始まっています。歯茎に炎症があり、歯磨きの際に出血することがあります。
しかし、まだこの段階では自覚症状がはほとんどないため、自身では歯周病にかかっていることに気づかないケースも少なくありません。

歯周病の中期(4~5mm)

歯周病がさらに進行し、歯を支える顎の骨の破壊が進んでいる状態です。
歯磨きの際の出血が多くなり、深くなった歯周ポケットには歯石が溜まります。

歯周病の重度期(5mm以上)

炎症が進んだ歯肉は赤くブヨブヨの状態になり、さらに歯を支える歯周組織や顎の骨の破壊は進行し、歯がグラグラと動揺しはじめます。
口臭も強くなり気になりだす時期です。

歯周病の末期

歯肉が赤紫に腫れ、少し触れただけで膿や血が出るようになります。歯周組織が破壊されて歯が長くなったように見えるため、歯と歯のすき間が目立つようになります。
歯を支える顎の骨が大きく溶かされると歯が動揺し、そのまま放置すると歯が抜け落ちることにつながります。

ページの上部へ戻る