鶴橋上本町⻭科クリニック

予防歯科Prevent

メインビジュアル

予防歯科について

未然にお口の症状を防ぐ

予防歯科yobousika

歯の健康維持と全身の健康増進

予防歯科では、痛みや腫れなどの「何か症状が出てから歯医者に行く」のではなく、お口のトラブルを未然に防ぐことを目的とした診療です。日頃の適切なホームケアとあわせて、プロによる定期的な検診とメンテナンスを受けることで、歯の健康維持と全身の健康増進へとつなげていきます。

当院では、地域の虫歯や歯周病ゼロをめざして、予防にも力を入れています。よりたくさんの患者さんに「予防の大切さ」もお伝えすることで、一生涯にわたり食事を笑顔で楽しめるお口の環境づくりをサポートいたします。

歯科衛生士担当性だから安心

虫歯や歯周病を繰り返してしまう原因には、日頃の生活習慣や食生活などが大きく関係していることが少なくありません。
そのため、根本的な治療と予防を行うには、それぞれの患者さんに合わせたアドバイスやメンテナンス行うことが重要です。

当院では、一人ひとりの患者さんにオーダーメイドの予防プランをご提供できるように、基本的として「歯科衛生士担当制」を採用しています。患者さんごとに専任の歯科衛生士が担当していますので、相談もしやすく、生活習慣なども踏まえて的確なアドバイスをすることができます。
気になることがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

定期検診・メンテナンスの
重要性について

日本歯科医師会も推進する「8020運動」

8020(ハチマルニイマル)運動」とは、80歳で20本以上の自分の歯を残そうという、日本歯科医師会が推進している活動です。
現在の日本では、80歳の平均残存歯数は7~8本というデータが出ていますが、予防先進国スウェーデンの平均残存歯数は80歳で20本を超えているとされています。

日本と海外の「歯の予防」に対する意識の違い

日本と海外における、将来的な残存歯数に差がある理由の1つとされているのが、「定期的な検診・メンテナンスの受診率」です。
残存歯数が高いスウェーデンやアメリカでは、実に80~90%以上の人がメンテナンスを受けに定期的に歯医者に通っていることが分かっています。しかし、日本ではわずか数%程度にとどまっています。

大切な歯の一生の健康を
守るために

予防やメンテナンスのために、定期的に歯科医院へ通うことは、海外では広く一般的な習慣となっています。最近は日本でも、少しずつ「予防歯科」についての情報が広まりつつありますが、まだまだこれからというのが現状です。

当院では、地域の“虫歯と歯周病ゼロ”を目指して、積極的に予防の大切さを発信するよう努めています。患者さんご自身の大切な歯の健康を末永く保っていくために、定期的な検診とメンテナンスを受けて、私たちと一緒にお口の健康を守っていきましょう。

当院の定期検診について

定期検診ですることや流れ

定期検診

まずは現状をしっかりと把握するところからスタートします。お口の中の診査、レントゲン撮影、歯周組織検査、口腔内写真撮影、磨き残しのチェックなどを行います。セルフケアの不足している部分にはプロによる専門的なケアをさせていただき、また必要な部分があれば適切な治療を施します。

その他、患者さんのご希望や必要に合わせて、噛み合わせの検査や唾液検査、顎関節やお口周りの筋肉の検査、食習慣の確認なども行います。治療が終了してお口の中の状態の安定が確認できれば、メンテナンス期間へと移行します。

定期検診を受診するメリット

定期検診を受診するタイミング

基本的にお口の中の管理が適切にできており安定している方であれば、半年に1回程度の定期検診をおすすめしています。また、歯周病やお口の中の状態に合わせて、2~3ヶ月に1回や、毎月の検診をご提案する場合もございます。

予防歯科メニュー

ページの上部へ戻る